スポット50 スポットNX-2 ピーラックNX
スポットPP
ピーラックG ウレッコートN

スポットPP
プラスチック表面処理剤


タイプ NET 荷姿(1梱包)
黒・クリアー 420ml 12本入り/48本入り
特徴 ・ポリプロピレン樹脂に使用できます
・梨地、シボ面に使用できます
用途 ・ツヤ、光沢が出てしまった製品のツヤ消し剤として有効です
・ウェルドラインが出てしまった製品の補修に有効です
適応樹脂 PP、アクリル、ABS、AS、PC、 硬質塩ビ、PA、PPO(下表参照)
成分 ニトロセルロースラッカー、DME
主な法規 高圧ガス 適用除外項目対象(エアゾール液化ガス)
消防法 第4 類危険物
第1 石油類(非水溶性液体)
危険等級U 指定数量200 g
有機則 第2種有機溶剤
PRTR法 第1 種指定化学物質
:トルエン(第300 号)、キシレン(第80 号)

容器

420mlエアゾール

【塗布時の注意】
・高温、高湿(雨天時等)の環境では、ブラッシングが発生しやすいので空調設備及び換気設備のある場所で作業してください。
・製品表面に離型剤、潤滑剤、防錆剤等の付着物がある場合は、製品表面を洗浄してからご使用ください。
特にシリコーン系離型剤は、ピンホール、はじき、密着性の低下の原因となるのでご注意ください。
・塗布時にはスポットPPの噴射口と被塗物の距離を一定に保ち、被塗物に直角に、一定の速さで左右(又は上下に)塗布してください。
・塗装が厚くなるとクラック、フクレ、シワ、ブラッシングが発生しやすいので、薄く均一に塗布するようにしてください。
・乾燥は常温でも可能ですが、強制乾燥すると塗膜性能が向上します。
常温乾燥 指触乾燥約10分、硬化約60分
(試験での完全硬化は3週間以上)
強制乾燥 80℃×20分で完全硬化
(樹脂によって温度をかけられない場合は、70℃×30分、50℃×60分等可能な範囲で強制乾燥してください)






技 術 デ ー タ
【樹脂の適応可否試験結果】
試験手順 樹脂板を洗浄 → スポットPPを塗布 → 50℃×30分強制乾燥 → 外観及び密着性試験 → 適否評価
評価基準
外 観・・・ ハガレ、フクレ等異常のないこと
密着性・・・ ゴバン目剥離試験で剥離のないこと
      ※ゴバン目剥離試験:施工後の樹脂板に2mm×2mm100マスのゴバン目を刻み、セロテープを密着させ45度方向に急激に剥す。
試験結果
樹脂 外観 密着性 樹脂 外観 密着性
ABS PP
アクリル PE ×
AS 6,6-ナイロン
PC PPO
硬質塩ビ PBT ×
PS POM ×
 

【耐候性(温度/湿度影響)】
温度及び湿度(24時間)の適否評価は以下のとおりです。
(試験手順及び評価基準は前記のとおり)
  60%RH 70%RH 80%RH 90%RH 95%RH
30℃ ×
40℃ ×
50℃ ×
  ℃・・・温度
  RH・・・湿度



【耐溶剤性】
スポットPPの乾燥後の塗膜を溶剤をしみ込ませたウェスで軽く拭き取り白化等外観の異常の有無を検査。
下表が「○」の場合ででも繰り返し塗膜を擦るような場合、ハガレ、白化等の異常が発生する恐れがありますのでご注意ください。
溶剤 外観
ヘキサン等の炭化水素系溶剤
メタノール ×
エタノール
イソプロピルアルコール



【耐熱性】
通常の樹脂の軟化温度(80℃程度)迄は問題なく使用できます。



※トラブルシューティングはこちら
※上記以外の製品の詳細は各種データシートの取り寄せをお願いいたします