お客様からのよくあるご質問をこちらにまとめました。
こちらのQ&A以外にご不明な点がございましたらこちらからお問合せお願いいたします。
Q.1  製品の使用上の注意点は?
Q.2  使い切ったエアゾール缶の廃棄方法は?
Q.3  表面処理剤とは?
Q.4  表面処理剤の白化現象とは?
Q.5  用途別の各製品のご紹介


Q.1  製品の使用上の注意点は?


A.   ※高圧ガスを使用した可燃性の製品ですので次のことを
      注意してください。

     
     1.炎や火気の近くで使用しないこと。
     2.火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
     3.高温にすると破裂の危険性があるため、直射日光の当たる
      所や火気等の近くなど温度が40度以上となる所に
      置かないとこ。
     4.火の中に入れないこと。
     5.使い切ってから捨てること。

     ※また、主に消防法の第4類危険物を使用した製品が多く
      さらに労働安全衛生法の有機溶剤に該当する場合があり
      ますので以下の事項に注意してください。


     6.屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。
     7.静電気放電や火花による引火を防止すること。
     8.火災の場合には適切な消化方法をとること。
     9.吸入した場合、空気の新鮮な場所に移動し呼吸しやすい
      姿勢で休息させること。
     10.皮膚に付着した場合多量の水と石鹸で洗うこと。
     11.眼に入った場合、清浄な水で数分間注意深く洗うこと。
     12.人体に異常を感じたら、必ず医師の手当てを受けること。

                                               ▲質問一覧に戻る

Q.2  
使い切ったエアゾール缶の廃棄方法は?
A.   ※エアゾール缶の廃棄の分別方法は
      各自治体により異なります。
      必ず確認をしてから廃棄して下さい。

                                             ▲質問一覧に戻る

Q.3  表面処理剤とは?

A.   梨地・シボ加工面のウエルドラインを目立たなくさせます。
    また、艶消しの効果もあります。当社では「スポット50」
    「スポットPP」を用意しています。「スポットPP」は従来
    困難とされていたポリプロピレンにも使用できます。

                                               ▲質問一覧に戻る

Q.4  表面処理剤の白化現象とは?

A.   塗布時の環境が高温多湿の場合、揮発成分の揮発が速くなり
    気化熱を奪い大気中の水分を吸収し白化することがあります。
    作業環境として、湿度60%以下の空調のある場所で作業し
    てください。また、白化した場合の対処方法は、すぐにドライヤー
    などの熱風を当てることで元に戻ることもあります。

                                               ▲質問一覧に戻る

Q.5  用途別の各製品のご紹介

A.   こちらのページをご覧ください

                                               ▲質問一覧に戻る